ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

  • 【とある魔術の禁書目録Ⅲ】第3話 – C文書

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」第3話のあらすじ。

    前回、C文書を探す上条くんと五和ちゃんの前に神の右席の一人、左方のテッラが現れた。
    しかしテッラの魔術は凄まじく、防戦一方の二人。
    テッラの術式“光の処刑”はテッラの思い通りに上位と下位を書き換えられてしまう。
    だから自身の体を上位にすることであらゆる攻撃が無効化されてしまうのだ。
    と、そんなテッラの術式を知った二人の前に……

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    土御門が助っ人に参上した!
    土御門はテッラにチェックメイトだと言い、攻撃をしかける。
    何やら土御門にはテッラを倒す秘策があるようだ。
    しかしその時、戦場の後方で大規模な爆発が起きる。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    原因はこのパワードスーツの戦闘部隊。
    学園都市製だ。
    どうやら学園都市側もC文書を巡り街を占拠しようとしていたのだ。
    流石に分が悪いと、テッラも姿を消してしまった。
    3人はすぐにテッラを追うが、学園都市の部隊がウロウロしていてそれどころではない。
    なので土御門がこの学園都市部隊を相手にし、上条くんと五和ちゃんはテッラを追うことに。
    途中、上条くんが御坂に電話を入れ状況を聞くと、日本でもアビニョンの話題でもちきりのようだ。
    と、その時!

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    再び、テッラが二人を襲う。
    しかもその手にはC文書が握られていた。
    その頃土御門はいともあっさりと学園都市部隊の沈黙に成功していた。
    しかし空にはたくさんのステルス機が飛んでおり、騒ぎはこれだけでは済まなそうだ。
    上条くんと五和ちゃんもテッラと戦闘を交えることで、少しずつテッラの術式の弱点が見えてくる。
    そしてテッラは上条くんのイマジンブレイカーの本当の力について語りかける。
    しかし上条くんは記憶がないようで、そのことを知らない。
    一体イマジンブレイカーの本当の力とは?

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    ただ上条くんはそんなことよりも、目の前のテッラを倒すことに考えを巡らせる。
    そしてテッラの術式の弱点に気がつく。
    それはテッラの術式の対象は1つにしか効き目がないということだ。
    そしてその融通がきかない術式をうまく利用し、テッラをノックアウトした。
    しかし上条くんがC文書に触れるとC文書は跡形も無く消え去ってしまった。
    その時、二人を炎の壁が襲った。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    これは上空のステルス機から放たれたアースブレイドという兵器の攻撃だ。
    そしてこれを指揮しているのが、一方通行さん!
    ギリギリで上条くんと五和ちゃんはこの攻撃を逃れたが、テッラは直撃。
    テッラは命を落としたのだ。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    と思ったら術式を使ってうまく逃れていたのだ!
    そしてテッラが話をするこの男は、神の右席の一人後方のアックアである。
    アックアはテッラが街や関係のない人々を巻き込んだテッラが気に食わないらしく、あれだけのことがあったにもかかわらず生きているテッラをいともあっさりと殺してしまったのだ。
    そしてアックアの狙いはやはり日本のようだ。
    次は一体どんな闘いが待っているのか。
    アックアの術式とは!?

    【過去記事】
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #01
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #02

    2018.10.20

  • «
    »

551

ウレイ(管理人)

アニメ・マンガが好きでどちらも毎日チェック。アニメは2010年よりほぼ毎クール観ているが、趣味に合わないものは切っているため、後に人気作だったと気づくと後悔することも…。
pixiv でもイラストを公開しています。(ただ最近は描いていない)
このサイトでも過去に描いたイラストをちょこちょこ使用しています。