ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

  • 【とある魔術の禁書目録Ⅲ】第6話 – 超能力者達

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」第6話のあらすじ。
    前回、「アイテム」の本拠地を発見した「スクール」のリーダー垣根。
    垣根は単身乗り込みを開始します。
    垣根はLV.5第2位。同じくLV.5である麦野をも凌ぐ力を持っています。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    強襲した垣根たちスクールの目的は「アイテム」の一人である滝壺のようだ。
    滝壺を逃がすため絹旗が応戦しますが、垣根の力はずば抜けておりやられてしまいます。
    ではリーダーである麦野はどこにいったのか?
    麦野は一人その場から姿を消して逃げていたのです。
    なんとか下っ端の浜面が応援に駆けつけ、ギリギリ生きている滝壺を抱え脱出します。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    と、そこへ姿を消していた麦野が登場します。
    手には本拠地の場所を垣根にゲロしたフレンダが……。
    そうフレンダは麦野の粛清を受け死体となっていました。
    麦野のコートはフレンダの血で真っ赤に染まっています。
    麦野の目的は滝壺。
    滝壺の能力を使い、今度こそスクールを壊滅させようと企んでいます。
    しかし滝壺は瀕死の状態。
    浜面は麦野の要求を拒否します。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    ここからは浜面が大ピンチ!
    なんとか偶然出会った黄泉川先生に滝壺を預け逃がすことに成功するが、もちろん浜面が麦野に追われます。
    麦野はとにかく“裏切り”が嫌いなようで必要に浜面を追っかけます。
    LV.5 vs LV.0。これでは浜面もフレンダのように粛清されてしまいます。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    だが!意外とできる男だった浜面!
    なんやかんやで麦野を倒してしまいます!
    正直うそーーん!って感じですが……w
    てか麦野ってそんな悪い女だったの!?

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    で、お次は垣根vsアクセラレータの戦いです!
    滝壺は先の襲撃で逃げ切っていますが、垣根自体はもう滝壺は死んだも同然として、次のターゲットを“ラストオーダー”に切り替えています。
    そのラストオーダーを街で探しているところへアクセラレータが現れ、LV.5第1位とLV.5第2位の戦いが勃発します。
    ラストオーダーを探している垣根にとって無駄な戦いのように思いますが、どうやら計画上、アクセラレータが元々邪魔だった垣根はここでアクセラレータを潰してしまおうと思ったようです。
    垣根の力は恐ろしく、アクセラレータを圧倒します。
    ……のように思いましたが、アクセラレータは街の一般人を守りながら戦っていたのです。
    そう、第1位と第2位の間には圧倒的な壁があったのです。
    そしてあっさりと垣根を倒します。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    で、アクセラレータさん暴走!!!
    なぜ、アクセラレータがこんな状態になったのか!?
    垣根にとどめを刺そうとしたアクセラレータの前に黄泉川先生が現れます。
    そしてアクセラレータにとどめを刺すのをやめるよう説得します。
    が、意識を取り戻した垣根に一刺しにされてしまいます。
    これ見たアクセラレータは怒りで暴走。
    もちろん暴走したアクセラレータに垣根が敵うわけもなくボコボコにやられてしまいます。
    しかし暴走したアクセラレータは止まりません。
    誰の声も届きません。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    そこへ現れたのが、ラストオーダーです。
    ラストオーダーはやさしい言葉をアクセラレータに投げかけます。
    そして暴走したアクセラレータを止めてしまします。
    これで暗部組織同士の抗争は決着を迎えます。
    ……と思いきや、最後に土御門から「ドラゴン」とういう新しい組織の存在が明らかになります。

    と今回もハイスピードで展開していきました。
    この戦いはどういう結末を迎えるのでしょう。
    そして来週はどうやら上条さんとインデックスさんが戻ってくるようです!

    【過去記事】
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #01
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #02
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #03
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #04
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #05

    2018.11.10

  • «
    »

1781

ウレイ(管理人)

アニメ・マンガが好きでどちらも毎日チェック。アニメは2010年よりほぼ毎クール観ているが、趣味に合わないものは切っているため、後に人気作だったと気づくと後悔することも…。
pixiv でもイラストを公開しています。(ただ最近は描いていない)
このサイトでも過去に描いたイラストをちょこちょこ使用しています。