ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

  • 【とある魔術の禁書目録Ⅲ】第13話 – カーテナ=オリジナル

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」第13話のあらすじ。

    前回、フロリスと共に電車から脱走した上条くん。
    二人ともなんとか無事生還できたよう。
    さらにはキャーリサから逃れて来た第3王女ヴィリアンと偶然にも出くわす。
    ヴィリアンは天草式十字凄教に身元を預け、インデックスの元へと急ぐ。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    そして近くの森では、アックア(ウィリアム)と騎士団長の激しい戦いが続いていた。
    前回の戦いでは騎士団長の方が一枚上手だったかに見えたが、そこはさすがのアックア。
    見事、形勢逆転し騎士団長に勝利を収める。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    戦いの騒ぎに駆けつけた上条くんは、因縁のアックアと再開する。
    そこにはインデックスの乗った馬車もあり、なんとかインデックスの救出に成功!
    …と思いきやその場にやってきたの上条くんだけではなかった。
    今回のクーデターの首謀者、カーテナ=オリジナルを持ったキャーリサもやってきたのだ。
    カーテナ=リジナルは全次元を切り裂くというとんでもない術式を秘めていたのだ!

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    戦々恐々とする上条くんだが、イマジンブレイカーで対抗しようと試みるが、キャーリサはその対抗策も講じていたようで、カーテナ=オリジナルの力で空へと吹き飛ばされてしまう。
    だが、奇しくもその危機をアックアに救われ、インデックス共々無傷でキャーリサの攻撃を凌げた。
    どうやらこのクーデターの影には右方のフィアンマを含んだもっと大きな闇が渦巻いているようだ。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    一度天草式十字凄教のメンバーと合流した上条くんとインデックス。
    そこでカーテナ=オリジナルを無効化する作戦を聞く。
    クーデターを止めるにはそれ以上の策はない。
    そこでその作戦を実行するため、上条くんとインデックス、そしてヴィリアンの3人で目的の場所へと向かう。
    途中守護ゴーレムに襲われるが、3人が協力し無事撃破。
    なんとか作戦はうまくいき、カーテナ=オリジナルの無効化に成功したのだった。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    あとはキャーリサ本人を抑えるだけ。
    そこで最終作戦を前に、英気を養うためみんなで食事会が催された。
    腹ペコインデックスさんも満足そう!
    一時の和やかな中、時は満ち、ついに始動開始。
    面々は気合に溢れる。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    別の場所では女王とローラは第一王女のリメエアと合流し、こちらも動き出す。
    クーデター編も佳境でしょうか。
    相変わらずテンポが早いので、ちょっとにわか気味ですが展開にはワクワクしています!
    来年からは2クール目に突入ですね!

    【過去記事】
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #01
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #02
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #03
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #04
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #05
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #06
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #07
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #08
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #09
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #10
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #11
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #12

    2018.12.31

  • «
    »

941

ウレイ(管理人)

アニメ・マンガが好きでどちらも毎日チェック。アニメは2010年よりほぼ毎クール観ているが、趣味に合わないものは切っているため、後に人気作だったと気づくと後悔することも…。
pixiv でもイラストを公開しています。(ただ最近は描いていない)
このサイトでも過去に描いたイラストをちょこちょこ使用しています。