ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

ウレイBOOKS

ウレイBOOKSはアニメ・マンガを主に超個人的な感想を述べたり、勝手にオススメなどを紹介します!

  • 【とある魔術の禁書目録Ⅲ】第16話 – 統括理事会

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ 」第16話のあらすじ。

    前回、テトリスと集団によって学園都市は大パニック!
    さらに病み上がりの滝壺がテロリストが占拠しているビルに1人取り残されてしまった。
    浜面は滝壺を助け出すため、1人でそのビルへと向かう。
    レベル1の浜面は無事滝壺を救い出せるのか?

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    浜面はヘリをジャックし、なんとかビルへの潜入を果たす。
    そして運良くすぐに滝壺を発見するが、その地殻にはアクセラレータがいた。
    実はアクセラレータもグループの活動でテロリストの退治にやって来ていたのだが、浜面はそれをアクセラレータが滝壺を手に掛けたと勘違い。
    が、逆にアクセラレータにボコボコにされてしまうが、隠れ紳士のアクセラレータは浜面を殺さず、テロリストの方へと去っていった。
    負傷したもののたった1人で滝壺を救い出すことに成功した浜面。
    男気に溢れるぜ浜面!
    あれ?主人公変わった?

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    だが、街では以前テロリストの暴動は続く。
    絹旗もテロリストの1人、ステファニー・ゴージャスパレスという女に強襲されていた。
    ステファニーは砂皿を負傷させた絹旗にかなりご立腹。
    レベル4の絹旗だが、対能力者戦闘に特化しているステファニーに手を焼いてしまう。
    浜面と滝壺も絹旗の元へ向かうが、一体どうなるのか?

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    一方グループは親船を連れ、統括理事会の潮岸との交渉に向かっていた。
    潮岸はドラゴンについて詮索するグループを殲滅しようと企んでいるのだ。
    途中、親船と分離させられてしまいいっぱい食わされたアクセラレータと結標だが、裏を書いていたのはグループも一緒だった。

    © 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

    そう、親船だと思っていた人物は、海原ことエツァリだった!
    うまく騙したと思っていた潮岸だったが、逆にハメられ命を落とすことになる。
    しかし、潮岸のそばにいたSPが実はトチトリとテクパトルという、海原やショチトルと同じアステカの魔術師だった!
    なぜ彼らが学園都市に潜伏しているのか!?

    一体学園都市に何が起こっているのでしょう。
    そして今回もドラゴンについては全くわからず終いでした!
    駆け足でのあらすじ紹介でしたが、アクセラレータのイケメンっぷりが結構描かれていた回でしたので、是非アニメをチェックしてくださいね。
    てか最愛ちゃんは無事なのかー!?
    あ、あと今回からEDテーマが変わったよー!

    【過去記事】
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #01
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #02
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #03
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #04
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #05
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #06
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #07
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #08
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #09
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #10
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #11
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #12
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #13
    とある魔術の禁書目録Ⅲ #15

    2019.1.26

  • «
    »

848

ウレイ(管理人)

アニメ・マンガが好きでどちらも毎日チェック。アニメは2010年よりほぼ毎クール観ているが、趣味に合わないものは切っているため、後に人気作だったと気づくと後悔することも…。
pixiv でもイラストを公開しています。(ただ最近は描いていない)
このサイトでも過去に描いたイラストをちょこちょこ使用しています。